❐ 現場ブログ

木製玄関ドア塗装

2019/07/18

 

鎌倉市:F様邸「玄関ドア塗装工事」

 

木地仕上げ(木目が見えるタイプ)の玄関ドアの塗り替え工事をしてきました。

弊社へのご依頼は今回が初めての新規のお客様です。

 

既存の状況はクリヤー塗膜の劣化に伴う色あせ、色むら、多少のカビが見れる状態です。

▽全体はこんな感じ

 

DSCN0990

 

▽下部はだいぶ傷んでいます

 

DSCN0992

 

▽丁番回りの色むら

 

DSCN0995

 

この木地仕上げの玄関ドアの塗り替えには様々な方法があります。

薬品などを使った全面剥離もありますが手間が掛かる分、費用もかなり掛かってしまいます。

 

今回はお客様とご相談の上、全面剥離ではなくペーパー掛けによるサンディング+色補修+クリアー塗りの工程で作業させて頂きました。

 

下の写真は塗り替え工事完了後の写真です

見比べてください。

全面剥離ではなくてもここまで綺麗にすることが出来ました。

 

▽全体

 

line_2207964911994120

 

▽下部もこんなに綺麗に

 

line_2207965302823130

 

▽丁番回りの色むらも目立たなくなりました

 

line_2207966800925525

 

弊社では現状を見て知識と経験を活かし的確な判断ができるペンキ屋さんです。

玄関ドアの塗り替えをご検討の方、是非ご相談だけでも・・・一度ご連絡ください。

的確なアドバイス、料金提示をさせて頂きます。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
伊東塗装
http://www.itoutosou-f.com/
住所:〒251-0028 神奈川県藤沢市本鵠沼1-9-23
TEL:0120-87-3280
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

サイディング外壁「養生」+「下塗り」

2019/07/18

 

藤沢市:M様邸「屋根・外壁塗装工事」

 

今日から外壁塗装に入りました。

はじめに養生、、サッシ、土間など汚さないようしっかりと養生(マスキング)していきます。

サッシ際のテープの貼り方(ラインの出し方)の良し悪しで仕上がりの見た目がだいぶ変わります。

既存の状況を見て適切にテープを貼ることがとても重要です。

 

養生作業完了後、下塗りまで行ってきました。

今回の使用下塗り塗料は日本ペイント様の「ファイン浸透シーラー」

2液型のエポキシシーラーで非常に密着に優れています。

 

DSCN2901

 

下塗り完了!

DSCN2902

 

明日、天気が良ければ上塗り2回塗りを行う予定です。

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
伊東塗装
http://www.itoutosou-f.com/
住所:〒251-0028 神奈川県藤沢市本鵠沼1-9-23
TEL:0120-87-3280
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

スレート屋根塗装「下塗り」「縁切り」

2019/07/09

 

藤沢市:M様邸「屋根・外壁塗装工事」

 

スレート屋根の下塗り・縁切り作業を行ってきました。

 

屋根の現状、各所に剥離が見られ、スレート自体に多少の劣化が見られます。

ということで下塗りに選んだ材料は水谷ペイント様の「エポックマイルドシーラー」という塗料。

下地に深く浸透してがっちり密着させる2液反応型エポキシ樹脂。吸い込みが大きい下地に対して高い補強効果を発揮します。また上塗り塗装後の外観が美しく仕上がります。

材料価格は少し割高ですが下地の状況で何を下塗りに使うのかが「塗装の持ち」にとってとても重要です。

 

DSCN2711

 

続いて縁切り作業。

素人さんには「縁切りって何??」とほとんどの方が思うと思います。

スレート屋根塗装の際の「縁切り」の重要性は過去ブログでも何度か説明しましたが・・・。

 

縁切り作業:タスペーサー取り付けとは・・・?

それでは簡単に縁切りの必要性をご説明します。

 

塗替えることにより塗料で上下の重なり部分がふさがれてしまいます。

そうなると突合せ(横のつなぎ目の部分)から入った雨水が抜けません。

その抜けない雨水が、毛細管現象で屋根材の裏面に吸い込まれてしまい排出できない水は下地へと回ってしまいます。

下地は腐食してしまいますね。

一昔前は塗った後に皮スキ(ヘラみたいな物)などで縁切り作業をしていましたが、仕上げた屋根面を傷つけたり、その時は縁が切れても翌日にはくっついていたり・・・。

今はこの縁切り部材を取り付ければ「適度な段差(隙間)」を確保してくれますので、やはり使ったほうがいいですね。

この作業はとても大事で、このタスペーサーを取り付けないと後々トラブルになることも・・・。

 

ということで下塗り後にこの「タスペーサー」を取り付けました。

 

このように配置します

 

DSCN2725

 

DSCN2727

 

挿入していきます

 

DSCN2728

 

取付けた後はほとんど目立たず、乗っても割れません。

 

DSCN2732

 

これで適度な隙間を確保できます。

明日、上塗りを行っていきます。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
伊東塗装
http://www.itoutosou-f.com/
住所:〒251-0028 神奈川県藤沢市本鵠沼1-9-23
TEL:0120-87-3280
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

外壁・屋根塗装「見積もり」

2019/07/07

 

「外壁塗装:見積もり」

 

藤沢市:戸建のお客様より塗装工事の見積もり依頼をいただき、現場調査へ行ってきました。

現場は築9年、外壁の北面を中心にコケが見られる状況です。外壁はサイディング、コーキングの劣化も見られます。

 

お客様より図面のコピーを頂けたので調査自体スムーズに終えることが出来ました。

図面より各部の数量を正確に算出することが出来ます。

調査結果・ヒアリング内容を基に明確な見積もりを提出させて頂きます。

 

 

見積もりについての話を少ししたいと思います。

 

見積もりの1つに相見積もりがあります。弊社はこの「相見積もり」は歓迎なのですが、相見積もりで思うことがあります。

他の塗装業者様の見積もりを見る機会がありますが、「一式いくら」とか「外壁塗装、、シリコン仕上げ」や「坪いくら」みたいな使用材料名やどのような工程なのかを明確に記していないものをよく見かけます。

例えば塗り回数もそうですし、同じシリコン仕上げと言っても使う材料の金額もピンキリですしグレードの違いも大きくあります。

また屋根塗装なども、どのような工程で施工するのかなど大きく違いがあります。

 

「他社のほうが単価が少し安かった」と単価だけを比べる方が多くいらっしゃいますが「どんな塗料を使ってどんな工程をするのか」という中身を確認することがとても重要です。

そのうえで「ご予算」に応じて決めていただければよいと思います。

弊社は工事自体けして格安とは言えませんが同じ内容ならどこにも負けないと思っています。

弊社の見積もりは各部の数量・単価・使用材料名(正式名称)塗り工程などを明確に記載しております。

 

塗替え工事をお考えの方、是非一度、弊社の「見積もり」をご覧ください。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
伊東塗装
http://www.itoutosou-f.com/
住所:〒251-0028 神奈川県藤沢市本鵠沼1-9-23
TEL:0120-87-3280
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

サイディング「コーキング」

2019/07/08

 

藤沢市:M様邸「屋根・外壁塗装工事」

 

外壁サイディングの下地調整「コーキング打ち替え」作業を行ってきました。

サイディング壁の要の部分、塗り替え時には必須の作業になります。

 

コーキングも寿命(約10年)がありますので、既存コーキング材はひび割れ・劣化が生じている状況です。

 

DSCN2550

 

DSCN2565

 

カッターを入れ既存コーキングしっかりと撤去します。

 

DSCN2617

 

清掃後、養生(マスキング)を行い、専用プライマー(接着剤の役目)を塗ります。

 

DSCN2648

 

弊社では2液型のサイディング専用コーキング材を使用します。

専用の撹拌機でゆっくりと確実に混ぜ合わせます。

 

DSCN2662

 

専用コーキングガンにてたっぷりと打ち込んでいきます。

 

DSCN2665

 

ヘラでならして仕上げていきます

 

DSCN2668

 

養生(マスキング)を撤去してコーキング打ち替え完了です

 

DSCN2696

 

サッシ回り、目地部の仕上がり。

 

DSCN2688

 

DSCN2689

 

サイディングの塗り替え工事の場合、このようにしっかりとコーキングの打ち替えをすることがとても重要です。

サイディング外壁の塗り替えをお考えの方、是非一度弊社にご相談ください。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
伊東塗装
http://www.itoutosou-f.com/
住所:〒251-0028 神奈川県藤沢市本鵠沼1-9-23
TEL:0120-87-3280
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

屋根・外壁塗装「高圧洗浄」

2019/07/04

 

藤沢市:M様邸「屋根・外壁塗装工事」

 

本日、足場架け作業より着工させていただきました。

現場は築20年。10年前に他社にて塗装、弊社へのご依頼は今回が初めてのお客様です。

外壁は「サイディング」で塗装前に「コーキング」の打ち替えをします。他に屋根・軒天・破風板・雨戸など外回り全体の塗装工事を予定しています。

 

今日はお昼頃、足場架け作業が終わり、午後から高圧洗浄作業をさせていただきました。

 

▽外壁の洗浄

DSCN2486

 

屋根の高圧洗浄ではかなりの水しぶきの飛散があります。ご近所などへ迷惑が掛かることも多々、、そこで役に立つのが「サーフェスクリーナー」というアイテム。

飛散を抑え洗浄することが出来るのでとても便利です。

今回はそのアイテムと通常の洗浄ガンの併用で作業させていただきました。

 

▽屋根の洗浄作業

DSCN2466

 

▽サーフェスクリーナー使用

DSCN2458

 

弊社ではこの様に現場ごとに適切な方法で作業を進めていきます。

工事に対する不安や心配事などありましたら弊社にご相談ください。適切な方法のアドバイスなど誠実に対応させていただきます。

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
伊東塗装
http://www.itoutosou-f.com/
住所:〒251-0028 神奈川県藤沢市本鵠沼1-9-23
TEL:0120-87-3280
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

藤沢を拠点に施工する伊東塗装の現場ブログで外壁塗装の施工工程や実績もご確認いただけます

藤沢で地域の皆様に信頼ある伊東塗装の現場ブログでは、日々の活動実績を写真と共にご紹介しております。当社の丁寧な作業や高い技術もご確認いただけますので、ぜひご参考になさってください。
現場ブログでは美しい仕上がりで人気の屋根塗装や外壁塗装の作業工程、ビフォーアフターの画像をはじめ、床や水回りのリフォーム工事や門周りの修繕などの実例もご紹介しております。
伊東塗装では藤沢を中心にお住まいのメンテナンスやリフォームをご提供しており、ちょっとした修繕工事から、外壁や屋根、室内まで含めた大規模なリフォームまでご依頼いただけますので、お気軽にご相談ください。お住まいの不具合や外観の汚れや劣化など気になることがあれば、いつでもお問い合わせください。